スカイプ面接ってどうなの?(Skype)

 

Skype(スカイプ)面接ってどうなの?

企業の採用活動において、実は対面ではなくWEBでの面接が利用されているケースが多くなってきています。大手企業だけでなく中小企業等もSkype等のツールを用いて取り入れています。

Skypeで面接を行うことで、求職者はわざわざ会社に足を運ばずに面接を受けることができます。企業側としても採用の間口が広がるため、多くの求職者と接点がもてるようになります。

求職者、企業側双方に取って、時間を有効に活用ができるので、積極的に導入している企業も多くなっているそうです。

では実際にSkypeを使って実施する場合メリットやデメリットはあるのでしょうか?これから導入を検討してるケースもあると思いますのでその点を分かりやすくご紹介させていただきます。


Skype(スカイプ)面接のメリット

まずはメリットについて取り上げていきたいと思います。企業側、求職者それぞれにメリットが挙げられるので詳しくご紹介していきます。

■求職者が得られるメリット

・遠方の求職者が面接に参加しやすくなる。
例えば地方に住んでいる人は、面接を受けるために遠方まで外出しなければ行けないということがあるかと思います。この場合、求職者からすると面接を受けること自体のハードルが上がってしまい、二の足を踏んでしまうケースも多いのではないでしょうか。そのようなケースでもSkypeを利用することで求職者にとってのハードルはグッと下がるでしょう。ハードルが下がることで、まずは面接を受けて会社の雰囲気を探ることもできますし、求職者に取って仕事探しの幅を広げることにも繋がります。

・時間の調整がしやすくなる
求職者にとってはこちらも大きなメリットではないでしょうか。対面式の面接の場合、移動時間も加味すると面接にかける時間は意外と多いということが分かります。場所にも左右されますが移動時間を含めると数時間は拘束されることになるわけです。そうなると面接を受けるために日程の調整が必要となります。このように移動時間も含めて調整をする必要があるのが対面式のデメリットではないでしょうか。Skypeを利用することで移動時間はかかりませんので求職者の空いている時間の中から自由に選択できるので面接を受ける機会を増やすことができます。

・時間とお金の節約にもつながる
Skypeを使うことで求職者は時間とお金を節約しながら面接を受けることが可能ということです。今まで面接だから仕方ないと時間もお金もかけていたと思われますがSkype面接ができればその部分は節約が可能となります。面接を受けるのも効率よく行うことが可能です。

では、Skype面接を取り入れた企業側にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

■企業側が得られるメリット

・遠方の求職者の採用機会が増える
遠方地域の人は移動だけでもかなりのコストが発生してしまい、遠方まで面接を受けに行くことができないケースも多いかと思います。ただ遠方だからという理由だけで求職者との面接機会が失われてしまうのは、実は良い人材を採用するチャンスを失っており実は機会損失に繋がっているとも考えられます。企業としても採用するなら可能な限り良い人材を求めています。WEB面接を用いることでその損失を未然に防ぎ、良い人材と出会えるチャンスを増やすことができます。

・時間やコストを軽減できる
例えば、会社の事業所が本社と支社などに別れていて面接場所がどちらかに指定されていたりすると、本社⇔支社間での移動が発生し、移動にかかる時間や交通費が発生してしまいます。 WEB面接なら、自社の会議室や自席でも対応が可能となるので時間やコストを気にせず面接を行うことが可能となります。

・選考辞退者を軽減できる
求職者が応募後に再考した結果、希望と異なると判断したり、ネットでの評判を見て再検討し辞退するなど、実際に企業と会うことなく選考を辞退してしまうそうです。面接スケジュールの調整に時間がかかった結果求職者が選考を辞退してしまうのは企業としても不本意ではないでしょうか。Skypeを使えば時間もコストも削減できますので求職者の熱が下がらないうちに選考をすすめることが可能です。


Skype(スカイプ)面接のデメリット

Skypeを使った面接のメリットをご紹介させていただきましたが、デメリットは存在するのでしょうか。実はデメリットも存在します。事前にどのようなデメリットがあるのかを把握しておくことでデメリットを最小限に抑えることも可能です。こちらでも求職者。企業それぞれのデメリットをご紹介していきます。

■求職者が感じるデメリット

・ミスコミュニケーションが起きる可能性がある
Skypeで面接を行う場合、映像と音声のみで選考を進めていきます。通信環境によっては、音声が聞き取りづらかったり相手の顔の表情が見えづらくなったするなどのりミスコミュニケーションにつながる可能性もあります。通信環境自体が整って入れば発生する可能性は軽減できるので、そういった可能性が起き得るということは頭に入れておくと良いでしょう。

・通信環境を用意する必要がある
Skype面接を行う場合、求職者側も通信環境を用意する必要があります。スマホでも実施することは可能ですが3Gや4G回線で行うのはあまりオススメはできません。映像や音声が途切れるてしじゃう可能性があります。実施する場合はwifi等インターネット回線を使って通信環境を安定させたほうが良いでしょう。仮にガラケーを利用していて実施が難しい場合は、インターネットカフェ等の個室を利用して行う事も検討するのが良いかと思われます。

■企業側のデメリット

・Skypeの使い方がわからない求職者は応募してこない
企業側だけでなく求職者側もSkypeを使える状態になっていないと利用ができません。求職者が仮にSkypeを使っていない場合は、Skypeのアカウント作成からスタートしなくてはいけないので、求職者からすると一つハードルが上がってしまいます。

・通信環境によってはうまく面接が行えない場合がある
Skype面接を行う上で、通信環境が重要とも言えます。企業、求職者が共に通信環境を整えていないと面接時に映像や音声が途切れてしまいコミュニケーションが上手く取れなくなるというケースもあります。


Skype(スカイプ)面接の注意点とは?

Skype面接を行うにあたってのメリットやデメリットをご紹介させていただきましたが実施するにあたっての注意点もあります。実際に挑むにあたってこの点は気をつけたほうが良いでしょう。

・企業向けのSkypeアカウントの制作
求職者が事前に確認しておきたいのがSkypeアカウントの表示名とアイコンです。プライベートで利用しているSkypeアカウントを利用している場合、表示名がニックネームになっていることがあります。ビジネス利用の場合、Skype名は本名にしておくことが良いでしょう。またSkypeアカウントのIDが企業から見て不適切と判断できるのであればアカウント自体を作成し直したほうが良いでしょう。

・マイク/カメラ/スピーカーの確認をしておく
Skype面接を行うにあたり、マイク、カメラ、スピーカーが正常に動くか確認しておいたほうが良いでしょう。何かしらの理由でマイクやカメラ、スピーカーが正しく接続できていないというケースもあります。面接を始める前にテスト等を行いマイク、カメラ、スピーカーに問題がないことを確認しておくことをオススメいたします。またカメラはしっかり自分の顔が相手に見えるように設置しましょう。設置が甘くなりカメラの位置がズレてしまうことがないようにいたしましょう。またマイクも自分の声が相手に届くように自分が話す場所の近くに設置することをオススメいたします。マイクが離れてしまうとマイクが声を拾いずらくなり相手に声が届かないということもありえます。そうならないように設置する場所もしっかり考える必要があります。

・ネット接続に問題がないか確認をしておく
事前にネット環境に問題がないことも確認しておくのが良いでしょう。ネットに繋がらなければSkypeでの面接もできません。接続している機器が不安定であれば面接も満足に行うことはできません。事前にネット環境に不安がある場合は、安定してネット環境が使える場所を確保しておく必要があります。


Skype(スカイプ)面接のポイント

それでは実際にSkype面接を行う際のポイントを幾つかまとめたいと思います。対面形式とは異なるため、初めての方は不安に感じる方も多いのではないでしょうか。 事前にマナーやポイントをチェックしておきましょう。

・服装・身だしなみは見えていない部分もしっかり対応しておくこと
よくある事例としてはカメラに写るであろう上半身は整えてカメラに映らない下半身などは整えていないというケースもあります。ただし油断は禁物です。カメラが倒れてしまうなど何かのタイミングで整えていない箇所が写ってしまうケースもあるそうです。そういったことが無いように服装や身だしなみはカメラに写っていないと思ってもキチンと整えておくほうが良いでしょう。

・Skype面接を行う場所はできるだけ明るい場所を選ぶようにする
部屋の明るさにも注意したほうが良いでしょう。部屋が薄暗いと相手からは顔がよく見えず良い印象を与えているとは言えないでしょう。やはり、良い印象を与えるには明るい場所でお互いの顔がしっかりと見える形で行うべきでしょう。

・目線はカメラ目線にすること
画面越しに話してしまいがちですが、それでは相手から見た場合目線がが下を向いて話しているように見えてしまいます。そこでカメラ目線で話をするようにすると目線も下がらずになるでしょう。

・Skype面接中に音声や映像の不具合が起きた場合は素直に相手に伝えること
面接中に音声や映像に不具合が起きた際は、素直に相手に伝えるのが良いでしょう。必ずしも相手も同じ不具合が起きているとは限らないからです。もし伝えない場合、相手が何も問題ないと判断して話を進めてしまいます。しっかりと現状を伝えて対応することでスムーズに進めることができます。

・開始時間をしっかり厳守すること
開始時刻の前には全ての準備を終えていつでも開始できるように余裕を持って行動したほうが良いでしょう。開始時刻を守れていない場合、企業側への印象も良いとは言えないでしょう。Skype面接だからといって、油断せずにしっかり時間も厳守して挑みましょう。


Skype(スカイプ)面接のまとめ

Skype面接にまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

このSkype面接を導入する企業は近年、増えている傾向にあるそうです。導入企業としては「採用コストの削減」「遠方の求職者へのアプローチが可能」等企業としては導入するメリットが大きいと言えます。もちろん求職者にとってのメリットも大きく「交通費を抑えることができる」「場所や時間を選ばずにできる」など両者にとってのメリットは大きいと言えます。ただし、従来の方式と違うため、戸惑う方も多いかと思います。対面式との違いや対策はしっかりと把握しておくことが良いでしょう。

弊社ではWEB面接システム「SOKUMEN」の提供を行っております。一般的なWEB面接システムなどに比べてて通信データ量を半分程度までに抑えることで映像や音声を安定させることに成功しました。また、アプリやカウントIDを共有せずに利用することが可能でう。お互いのやり取りはSOKUMENで発行するURL経由で行うのでWEB面接を行うまでの煩わしい作業も必要ありません。

SOKUMENにご興味がございましたらお気軽にご相談ください。



オススメ記事



SOKUMEN

SOKUMENに関するお問合せはこちら

上記内容で入力内容を確認しました