トラッキングとインターネット広告の関係

 

広告におけるトラッキングとは

トラッキング(Tracking)とは、特定の情報収集を目的に、ユーザーの行動を追跡することを指します。WEBマーケティング等で使われる用語の事を指します。

例えば、アフィリエイトでは、掲載されたインターネット広告を通じてユーザーが広告主のサイトへ向かい、商品やサービスの購入したかをチェックする事ができるコンバージョンの追跡なども該当します。 特定のユーザーがどのweb広告をクリックしてどのようなページを見て商品やサービスを購入したかがわかるということです。

 

トラッキングの重要性

トラッキングは掲載している広告効果を図るために、どのような経路でユーザーが流入して、コンバージョン(商品やサービスの購入)したかなどデータを得るために行っています。例えば、どのインターネット広告を見てコンバージョンに至ったのかデータとして蓄積することで、ユーザーがどのような情報に興味関心を持っているのか確認・分析ができ測定が可能となります。

どの広告もしくは経路から来ているユーザーが、どれだけコンバージョンに繋がっているのか、広告コストと比較をして判断をしなければ自社の広告効果の改善及び広告コストの削減に繋げることは難しいと言えます。

コンバージョンに至らなかった場合も、ユーザーがどこで離脱してしまっているのか、商品やサービスの購入に至るコンバージョン率を向上させるための施策を考えることができるため広告効果の最大化が望めます。

また、インターネット広告を複数運用している場合には、売上を上げている広告・売り上げを上げていない広告を明らかにすることで、 インターネット広告の無駄打ちを減らし、広告の費用対効果を強化できます。

サイトに訪問するルートを考えると、検索エンジン、SNS、広告等複数の経路が想定されます。トラッキングで重要なのは、コンバージョンにつながった経路を把握し、その経路をブラッシュアップすることでさらなるコンバージョンが見込めるようになります。また、逆にコンバージョンに繋がらない経路があれば、その問題点を分析し解消するための施策を考案することも出来ます。

例で上げると、リスティング広告やメルマガ等にそれぞれトラッキング用のコードを付与します。ユーザーはサイトに訪れて様々なルートを経て、商品を購入するユーザーも出てきます。このデータを取得していることでリスティング広告経由、メルマガ経由でコンバージョンがどのくらい発生したのか把握できるようになります。また購入に至るまでの履歴も確認することが出来ます。

 

トラッキング計測方法

トラッキングの効果測定を行う方法として、上げられるのが「ダイレクト計測」と「リダイレクト計測」があります。ダイレクト計測とリダイレクト計測とはどう違うのでしょうか?

このダイレクト計測とリダイレクト計測の違いやそのメリット・デメリットについてまとめさせていただきます。今回はインターネット広告がクリックされた際の計測を例にご説明をさせていただきます。

①ダイレクト計測

ダイレクト計測とは、広告の遷移先のページ内に計測用のタグを設定する方法です。そのタグが、読み込まれるたびに1クリックとして計測されます。

ダイレクト計測

ただし、タグが読み込まれただけだと、どの広告を経由して流入してきたのか、分からないため、リンク先URLに広告IDなどのパラメータをつける必要があります。

メリット
・トラッキング用のサーバがダウンしても、意図するページに遷移できる。
・ユーザー(メディア)から見えるリンクURLは、遷移先のドメインになる。
・リンク先を変更する際は、サーバーを提供している会社の管理画面だけを変更するだけでよい。
デメリット
・タグを読み込むため、取りこぼしが起こる場合がある。
・タグをページ内に設定する必要がある。
・サードパーティCookieが付与される事はなくファーストパーティとして付与。
・LPO機能が使用できない。

 

②リダイレクト計測

リダイレクト計測とは、トラッキングシステムなどで吐き出したタグをクリックすることで、トラッキング用のサーバを経由して、遷移させる方法です。サーバを1経由するたびに1クリックとして計測されます。

リダイレクト計測

掲載先メディアごとのタグを使用する、若しくはダイレクト計測同様、広告IDなどのパラメータをつけることで、掲載元の広告が判別できます。

メリット
・必ずサーバを経由するため、精度が高い。
・ページ内にタグを設定する必要がなく、遷移先を変更する場合には、トラッキングシステムの管理画面にて変更するだけでよい。
・LPO機能が使用できる。
デメリット
・トラッキング用のサーバがダウンすると、ページに遷移されない。
・ユーザー(メディア)から見ると、タグのドメインがトラッキングシステムのドメインである。

現在、多くのトラッキングシステムはリダイレクト計測を採用しています。精度の高さを求めるのならリダイレクト計測、サーバのリスクヘッジと自社ドメインを求めるのであれば、ダイレクト計測をお勧め致します。


代理店向けトラッキングシステム「CATS」

「CATS~ClickActionTrackingSystem~」は弊社が開発・販売しているトラッキングシステムです。

10年以上前に計測システムの販売を開始し、長期に渡るシステム開発を通して培った数々の開発実績があり、これまでパッケージ販売も含め、数多くの企業様にシステムをご導入いただいており多くの信頼もいただいております。

CATSは、効果計測システムとして必要な機能を全て揃えております。クリック計測、コンバージョン計測やアトリビューション計測などが計測可能です。クリック計測に関しては、直前でご説明したリダイレクト計測を採用しているので精度が高く、リダイレクト計測のデメリットである、ドメインについてもCATSでは独自ドメインが使用可能です。

また、広告運用や計測において便利な機能としてタグマネージャー機能やページ解析機能(ヒートマップ)も備えており代理店向けの機能が充実したシステムとなっております。

今では広告主向けに様々なトラッキングシステムがありますが、CATSは広告代理店向の事を考えて作られたシステムとなっております。

現在、自社で広告を運用する代理店も増えており、各代理店が取り扱う案件数も増えてきているため、CATSは代理店様に長くご利用いただけるシステムとなっております。

CATS導入後のサポート体制も充実しております。またサポートをさせていただくに当たってのサポート費用などは必要ございません。導入費用内ですべて賄わさせていただきます。

CATSは機能面、金額面、サポート面の3つのバランスに非常に優れたシステムでございます。

これから自社で広告運用を始めるけど計測システムをどうしようか悩んでいましたら是非弊社CATSをオススメいたします。CATSにご興味がございましたら是非お問い合わせいただければと思います。



オススメ記事



CATSバナー

上記内容で入力内容を確認しました