リファラーの必要性と活用方法とは

リファラー
 

リファラーとは

リファラーの基本

リファラー(Referrer)とは直訳すると「紹介者(元)」という意味です。アクセス解析の際によく出てきますが、その時の意味は「参照元」となり、ユーザーがサイトへ流入した際の、流入元のページ情報を「リファラー」と呼びます。

例えば、あるユーザーがサイトAのリンク先であるサイトBをクリックして流入した場合は、サイトBにとってのリファラーはサイトAとなります。

また、サイトAのリンクが計測ツールのリンクURLでリダイレクトしてサイトBに流入した場合でもリファラーはサイトAとなります。

検索エンジン(Google・Yahoo!など)からサイトBに流入した場合には、サイトBのリファラーは検索エンジン(Google・Yahoo!)となります。


リファラーの計測方法

それでは、どうやってリファラーを計測するのでしょうか。 最も代表的なツールはGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスでは「参照元」という形でリファラー情報が取得できます。参照元にて、ダイレクトで流入してきた場合や流入元の検索エンジンの情報、メディアサイトの情報の解析ができます。(Googleアナリティクスの詳しい説明は省略します。)

しかし、ある条件下ではGoogleアナリティクスの参照元(リファラー)が取得できない場合があります。みなさんも、参照元を調べようとして「direct/none」の表示を目にされた事があるかと思います。

もちろん、ダイレクトで流入してきた場合もありますが、その他にも下記の原因などが考えられます。
・QRコード、アプリからの流入 ・httpsサイトからの流入 ・リファラー送信拒否
 

QRコードやアプリは、webサイトではなかったり、インターネットブラウザではなかったりするので、リファラーが取得できない場合が多いです。

また、流入元のページがhttpsサイトの場合、Googleアナリティクスではリファラーの取得ができない場合が多くなってきています。

リファラーの計測

その他、リファラーが取得できない原因として考えられることは、リファラー送信拒否を行っている場合です。 この場合は、流入元のサイトやブラウザで設定されている場合や、利用中のPC・スマホで設定されている場合もあります。

 

リファラーの必要性と活用方法

なぜリファラーを取得した方がいいのか、リファラーの必要性と活用方法をご説明します。

まず、リファラーを取得することでユーザーがどのような経路でサイトに流入してきたのか分析が可能となります。

なぜアクセス数が増減したのか、そのサイトのアクセス解析にリファラー情報を活用します。

また、web広告として配信している場合でも、リファラー情報を取得することでどのサイトで掲載されている広告から流入してきたのかを分析する事がが可能となります。そのサイトや広告からの流入が多く、成果に結びついている場合には、類似サイトへweb広告を掲載したり予算を投下したりと、リファラー情報をフルに活用し万全な対策に役立てる事が可能です。

更に、掲載元が分からないネットワークなどに広告を配信した場合にも、リファラーを確認することによって、広告掲載ページの情報が取得できます。 ネットワークが掲載先の情報を非開示にしている場合でも、どのサイトに広告が掲載されているのかリファラーによる情報があれば確認することができます。 (こちらに関しては、Googleアナリティクスでは取得できません。)


CATSを活用しリファラーを取得する

弊社の「CATS~ClickActionTrackingSystem~」は、自社で開発・販売している広告計測システムです。 10年以上前に販売を開始し、長期に渡るシステム開発を通して培った数々の開発実績があり、これまでパッケージ販売も含め、数多くの企業様にご導入いただいており多くの信頼もいただいております。

CATSは、通常のリファラーが取得できるほか、上記でも記載しましたGoogleアナリティクスではできなかった、掲載先が分からない広告ネットワークの場合でもリファラーの取得が可能となります。

また、クリック・獲得数だけでなく、ユーザーのより詳細な情報をリアルタイムで確認する事が可能です。更に、成果の計測はもちろん、流入元のアクセス解析としても使用できます。 資料請求や詳しい情報を知りたい方は、下記からお問い合わせください。

CATSバナー

CATSに関するお問合せはこちら

上記内容で入力内容を確認しました