映像制作からコンサル型営業への転身
柏木慎哉
  • 現在の職種を教えてください

    営業職を務めております。

  • 前職があれば教えてください

    映像プロダクション勤務にて制作進行から撮影、編集、DVD制作など映像制作の現場業務に従事していました。

  • そうだったのですね。でも、「制作進行」だったから、営業への転職もスムーズだったのではないでしょうか?

    そうですね、制作進行をしていると必然的に様々なパートの各スタッフの方とコミュニケーションを取らざるをえません。ですので、そこで鍛えられたがゆえに人と話すことには抵抗は感じず、今、営業としてもやっていけているのだと思います。

  • 柏木慎哉

    映像制作から現在の営業職に転職したのはなぜですか?

    まだ映像プロダクションに勤務していた頃、東日本大震災が発生しました。その際、映像の需要が一時的に無くなり、仕事が無くなったことがありました。当然と言えば当然ですよね、東北地方では余震が多く復興もままならない状況の中、人助けにあまり直結しない仕事には需要がほとんど無いわけです。
    そうして、その状態が1か月2か月と長く続くと段々と危機感を覚えました。これは怖いなと。
    そこから色々と考えて、状況に流されないような業種として、メーカー的な仕事に就きたいと思う様になりました。

  • そんなことがあったのですね。では、東日本大震災がなければ、転職はしていなかったかもしれないのですね?

    もしかしたら、してないかもしれないですけれど、別の業界に入っていたかもしれないですね。制作進行職自体が大変な職であったことと、映像制作自体も大変だったので。ただ、ちょっと勘違いしてほしくないのは決して映像が嫌いというわけではありません(笑)
    今でも大好きですし映像という異業種で培ってきた経験があるからこそ、今が活かせているんだと思っています。
    また、個人的に『モノを作る』という生みの苦しみが分かっているからこそ、チームで協力して仕事を進めたいという気持ちがあります。

  • ちなみにどのような映像制作が多かったのでしょうか?

    企業の商品紹介や会社紹介などのPV制作が多かったですね。あとは小学生向けの教材や官公庁のもの、通販番組、ゲームなど種類としては色々と携わりました。

  • マルジュで働きたいと思ったのはなぜですか?

    自分のこれまでのスキルを少しでも活かすことができそうだと思ったのと、先ほども申し上げたように、メーカーとして自社商品を販売している会社だったので、きっとマルジュは希望に叶う会社だと思い入社しました。

    柏木慎哉
  • 「自分のスキルを活かすことができそうだ」と思ったのはなぜですか?

    制作進行でデスクワークを行っていたので、基本的なオフィスアプリケーションの操作であるとか、Adobe系のアプリケーションも利用していたので、何かしら力になれるのでは?と考えていました。
    あと、ガツガツの営業系募集!みたいな感じでは募集されておらず、その点も個人的には嬉しいポイントでした。また、私が入社したタイミングではアフィリエイト事業部とアスタ事業部の両方で募集されていて、「どちらが良いですか?」と面接時に聞かれたのですが、その当時は正直どちらも分からずで(笑)ま、システム側の方が自分には向いているかな?と思ってアフィリエイト事業部を選びました。でも結局入社した後自分が無知過ぎて大変でしたけど(笑)

  • マルジュで働いていて気に入っているところを教えてください

    比較的自分のやりたいようにさせてもらえるところ。また、周りの支えもあり、日々進歩したいと思えるところ。
    部長にしてもマネージャーにしても、相談すれば何かしらアドバイスをいただけるので、お仕事が進めやすく気に入っています。
    また、少なくとも「それはやるな!」みたいな反応がないところも気に入っています。

  • 柏木慎哉

    どんな時に自分のやりたいようにやらせていただけていると感じますか?

    提案書を作成するにあたり、制限などがあまりないので作りやすいですね。
    あまりに自由すぎて最初は「どう作成したら良いのだろう?」と戸惑いましたし、今でも悩むことがありますが、慣れてくると自分の思い通りに作成でき、お客様に提案させてもらえる事が楽しいです。

  • なぜ現在の職種を志望したのでしょうか?

    年齢的にも、制作としてやっていくには需要が少なかったのと、経営に興味があり、最低でも営業は経験しておかなければと思っていたので、自分の経験や視野を広めておきたかったためです。

  • どうして経営に興味を持たれたのでしょうか?

    もともと僕は高級スポーツカーに乗りたいという夢と、その新車をローン無しでドンと買いたいという夢があります(笑)。
    でも、そこに到達するにはたくさんの報酬が必要なのは明らかですし、その夢を叶えるためにも報酬に見合う力と成功が必要不可欠になるので、そこを突き詰めていくと、まぁ幹部クラスになる事が近道だなぁという安易な発想から始まっています(笑)
    あとは、性格的にプレイヤーではなく、ビジネスを動かす方が向いているというか、そういうことを考えて行きたいという思いもあります。

  • 現在の業務内容を1日の流れに沿って教えてください

    10:00 メールチェック、チームメンバーと自分の日報の返信チェック。
    10:30 新規営業用の資料作成や各案件による機能追加の提案まとめなど。
    13:00 昼休み、食事はコンビニやお弁当屋さんで買い出しが多いです。
    14:00 外出。新規営業及び問い合わせによる機能追加などのヒアリングと提案などを行っています。
    16:00 各システム保守の問い合わせ内容の確認と実施チェック。原因を調査し顧客に報告いたします。
    20:00 日報を記載して帰宅します。

  • 柏木慎哉

    このお仕事のやりがいは何ですか?

    アフィリエイトという、広告主とメディアに広告の橋渡しを行うという広告手法が純粋に面白く感じていて、それに付随して機能追加の提案などが行えるところです。
    また、日々営業手法、インターネットの技術、広告に関する知識が増えていくことも楽しく感じています。

  • 現在のお仕事で心がけていることはありますか?

    ビジネス書やアフィリエイト、広告に関する本などを読んで、自分自身のPDCAを回して成果を出そうとしているつもりです。
    また、お客さんからの問い合わせには出来る限り、即時連絡をすることを心がけています。

  • 今後、どのようなお仕事や役割を果たしたいですか?

    マーケティングの分野とアフィリエイトシステムの提案力を付けて、マルジュの商品や機能追加をより購入してもらえるような施策を、能動的に打っていきたいと考えています。

  • これからマルジュで働きたいと思っている人へのメッセージをお願いします

    マルジュでは、自分で仕事を進めたいという気持ちがあれば比較的自由に動いていける会社です。
    マルジュに向いている方として、商材やサービスをどのように販売していくかを考え、それを顧客に提案していく気持ちがあればきっと力を発揮できると思います。
    また、保守では困っているお客さまに対応していくことが求められ、アフターサービスもきちんとしていかなければなりません。ただ売って終わりではなく、常に顧客に寄り添う形でお付き合いしていくことになってきます。しかし、そのお陰で自ずと力も知識も付き、顧客から信頼されていくことに繋がっていきます。そうなれば必ずや成果がついてくるので、是非そこに楽しさを見出していただいて、充実した日々を送っていただきたいと思います。