「当たり前に動く」ことで得られる達成感

村越誠

  • 村越誠

    現在の所属と役職を教えてください

    ソリューション事業本部 FLAX事業部にて開発部の主任を務めています。
    ちなみに、前職では携帯の基地局の設置場所を調査したり、実際に設置するための地主さんと交渉を行う部署で営業事務をしたりしていました。
    実際には地主さんやその設置場所の周辺住民の方へ、体に影響がないことをなど説明しご了承をいただくような活動も行っていました。

    転職をしたいと思った理由はなぜでしょうか?

    システム開発がしたかったからです。前職の会社にもシステム開発の部署はあったのですが、残念ながら配属が違う部署でしかも九州方面になってしまったので、関西でシステム開発の仕事に就きたいという思いから転職いたしました。

  • システム開発会社は多数あったと思いますが、その中でもマルジュで働きたいと思ったのはなぜですか?

    未経験でも受け入れてくれ、特に興味のあったWEBシステムの開発を行っていたからです。WEBシステムはインターネット上のシステムなので人目に触れやすく評価を確認しやすいことと、学生の頃からインターネットには触れてきていて、WEBシステムや携帯サイトを通じて自身が関与したシステム開発として実感を得られやすいことから希望していました。

    村越誠

  • マルジュで働いていて、気に入っているところを教えてください

    上司がいるのですが、手取り足取り1から10まで「この通りにやりなさい」と指示されるわけではなく、自分で試行錯誤しながら調べて行える余地があり、その開発の流れの中で技術と知識を身につけられる点が気に入っています。
    手順とかルールがあるとそれに沿ってしまい楽をしてしまいますが、昔のやり方はあくまで参考にしつつ、やり方などを自己責任で工夫したりすると経験や技術がついていくのを実感しています。

  • 現在の業務内容の流れを教えてください

    主任という立場で、1日の終わりにチームメンバーからの報告を受けます。社内にはデスクネッツといったグループウェアも使われていますが、チームや社内に対する広い報告になっているので、あくまで補足的に確認する程度にとどめており、人数も増えてきたことから4人のチームメンバーから細かい報告を受けるようにしています。
    また、週1回の大阪開発部全体のミーティングや、だいたい2週間に1回くらいで行われる営業も含めたチームミーティング、不定期で行なっている同じチームの開発メンバーでのミーティングを行っています。
    あとは、1日中担当案件の開発や見積りのための工数算出、技術調査を行うこともあれば、チェックやマネージメント業務を集中して行うこともあります。

  • 村越誠

    このお仕事のやりがいは何ですか?

    開発したシステム・機能、構築したサーバが不具合なく稼働した時に達成感があります。具体的には無事に検証を終えて納期内に納品し、1週間など一定の時間を経過した際に、ふと問題なく稼働していると気付いた時に達成感が込み上げてきますね。
    そしてそれが継続され、システムのログなどを確認した際にクライアントやユーザに使われていることを確認できた時に喜びを感じます。

    現在のお仕事で心がけていることはありますか?

    まず、不具合や障害を出さないということです。システムを利用しているクライアントやユーザをはじめ関連する人は多大で、それだけの人に迷惑を掛けてしまうということを意識しています。

  • 今後、どのようなお仕事や役割を果たしたいですか?

    別システムなども担当して幅広い技術と知識をつけ、よりよい開発や提案が出来るようになりたいです。また、開発の主任として、チームメンバーの技術力や仕事力を向上させたいと思います。そのために先程お話しした開発メンバーでのミーティングなどを行なっております。

  • 村越誠

    これからマルジュで働きたいと思っている人へ、メッセージをお願いします

    自分次第でプログラミング、ネットワーク、サーバなど幅広い技術力と知識をいくらでも身に付けることが出来ます。またそれを活かせる仕事や場面が必ずあります。向上心があり、身につけたものをフルに発揮させて活躍したい方、ぜひ一緒にシステム開発をしていきましょう。