インフルエンサーとアフィリエイト

 

インフルエンサーとは?

インフルエンサー(influencer)とは、影響や感化、効果作用を表す「Influence」を語源とし、影響力の大きい行動を行う人物の事を指します。最近では、SNSなどで多くのフォロワー数を抱えている影響力の大きい人物を指す言葉として使われています。

インフルエンサーは影響力の多い人物ということで、芸能人や著名人などの有名人がほとんどでした。しかし、ブログやSNSの普及により、SNS上で多くのフォロワーを抱えていて影響力の大きい人物をを指す言葉として使われることが多くなっています。 この場合、芸能人や著名人だけでなく、一般人で多くのフォロワー数を抱えている人物もインフルエンサーと呼ばれています。

SNSもブログ、ユーチューブ、Instagramな様々なSNSサービスがあります。例えば、ブログで一定のPV数を持っている「ブロガー」や、動画共有サービスのYoutubeで多くの登録者を持っている「ユーチューバー」や写真共有サービスInstagramで多くのフォロワーがいる「インスタグラマー」などが挙げられます。

インフルエンサーは、抱えるフォロワー数に応じてランク分けされているのも特徴です。抱えているフォロワー数が多いほどその影響力が大きくなるため、インフルエンサーもそのフォロワー数に応じて呼び名が変化するのも特徴と言えます。

インフルエンサー図

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、強い影響力を持つインフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらうため企業からアプローチして広告宣伝を行うことを指します。

背景として、InstagramやYoutubeやブログなどのSNSが普及し、一般人でも強い発信力が持てるようになりました。これにより、SNSやブログがテレビや雑誌などに匹敵する訴求力を持つようになりました。 この状況をみて、企業側もテレビや雑誌などを中心としたマスメディアの広告から、SNSやブログなどのネットを中心とした広告へ移行したことで生まれたのがインフルエンサーマーケティングです。

特にSNSではInstagramが注目され、Instagram上でフォロワー数や閲覧数が多く、たくさんの人への影響力を持つユーザーを「インスタグラマー」と呼びます。 インスタグラマーは芸能人や著名人だけでなく一般人も多くいることが特徴です。トップインスタグラマーになると数百万人のフォロワーを抱え、その影響力も大きいことからインフルエンサーマーケティングとして企業の商品やサービスの広告塔として起用されることも多くなります。

インフルエンサーに商品を紹介してもらうことで多くのユーザーに商品をリーチできますし、インフルエンサーが持つイメージがブランドイメージを向上させたり、実際の購買行動を引き起こすメリットが生まれます。ただ、その半面インフルエンサーが紹介している商品を広告であることを隠して紹介する場合、ステルスマーケティングと言われ、炎上してしまう危険性もあります。炎上してしまうと自社ブランドの価値を大きく下げてしまうため、商品を紹介する際は、宣伝もしくは広告であることを事前に伝える必要があります。


インフルエンサーマーケティングとターゲット

SNSにはInstagramやYoutube、Facebookなど様々な種類があります。SNSの種類に応じて利用するユーザー層にも特徴があります。インフルエンサーマーケティングを行う際は、自社商品のターゲットと相性の良いSNSを選ぶことも重要となります。

例を挙げると、Instagramの場合、利用しているユーザーが10代~30代前半の女性が中心で、写真や動画の投稿がメインになります。そのため女性向けのファッションやコスメ、流行のサービスなどが効果的であると言えます。

Twitterは、10代~50代と主要ユーザーの年齢層が幅広く、多くの企業アカウントも登録しているのでビジネス向けの商品やサービスとの相性も良いのが特徴的でもあります。

SNS毎の特徴があるので、その特徴を把握し、求めるユーザー層を明確にした上でインフルエンサーを利用することが重要とも言えます。


インフルエンサーとアフィリエイト①

インフルエンサーマーケティングは企業が自社の商品やサービスをインフルエンサーにPRしてもらい、その対価としてインセンティブが与えられます。 そのため、企業からPRの依頼があるのはある程度のフォロワー数を抱えているインフルエンサーに集中します。

フォロワー数の少ないインフルエンサーはどうなのでしょうか。
フォロワー数が少ないことで、企業側が求めるユーザーへの訴求が限られてしまい、フォロワーに対しての影響力が薄いと考えられ、企業側からインフルエンサーマーケティングの依頼は少ないと考えられます。

フォロワー数が少ないというだけで、そのインフルエンサーが持つ一部のフォロワーには影響力があります。また、そのインフルエンサー自身もフォロワーに対して商品をPRしてその対価を得たいと考えるインフルエンサーもいます。企業からのPR依頼はもらえないけど、商品をPRしたいと考えているインフルエンサーであればアフィリエイトを利用するという方法もあります。

アフィリエイトはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)へ登録をすることで利用ができるサービスです。アフィリエイトは成果報酬型の広告となるため、インフルエンサーが自身のSNSに商品紹介URLを掲載しその商品を紹介し、そのURLを経由して商品もしくはサービスが購入されれば、売れた個数に応じてインフルエンサーが成果報酬をもらえるという仕組みです。企業からすると販売した分に対して広告費を支払うことになるので、企業にとってもリスクを小さくして導入してもらうことが可能です。そのため、低リスクで広告を出稿できるので、全体的にアフィリエイトの案件というのは増加傾向にあるとも言えます。

アフィリエイトイメージ

上記以外にも、インフルエンサーがアフィリエイトを利用するメリットも存在します。インフルエンサーマーケティングの場合、企業からの依頼を受けて商品を紹介しますが、アフィリエイトの場合、インフルエンサーが自分で紹介したい商品を選ぶことができます。普段から、インフルエンサー自身が利用しているサービスや商品をアフィリエイトとしてPRするので、インフルエンサーの持つイメージを損なわずにPRがしやすいのでインフルエンサー、フォロワーにとってもメリットがあると思われます。


インフルエンサーとアフィリエイト②

SNSの流行に伴い、トップインフルエンサーを目指して活動を開始する人も増えています。そのためインフルエンサーがマスメディアに匹敵する広告媒体になるのも当然のことかもしれません。

企業からの依頼を受けたインフルエンサーマーケティングもしくはアフィリエイトを活用したPRなど手段は様々です。ただ、インフルエンサーがアフィリエイトを使うのもある程度考えながら利用しなくてはいけません。フォロワーから見て「お金を稼ぐためにアフィリエイトのリンクを幾つも掲載して投稿」ばかりしているとそれはタイムライン上に現れる広告と何ひとつ変わらないものになってしまいます。これでは、フォロワーからは積極的にフォローやいいね!はもらえません。

一方で「自分が良いと思ったものを紹介して、アフィリエイトリンクを掲載する方法」ならフォロワーも気にせずに見てもらえるのではないでしょうか。 アフィリエイトは大変便利で、自分の紹介したいサービスを選べる反面、やりすぎてしまうフォロワーからの理解を得られずフォロワーをへらすことに繋がってしまう可能性があります。 アフィリエイトを利用する場合、そういった点にも注意して利用するのが良いと思われます。

オススメ記事



「アフィリエイトアド」について詳しくはこちら

上記内容で入力内容を確認しました