「インフルエンサーマーケティング」とは

インフルエンサーイメージ図
 

1:インフルエンサーとは

インフルエンサーとは簡単に言うと「影響力のある人」(購買行動に大きい影響力を及ぼす人)のことを指しています。

「影響」「感化」という意味の英単語インフルエンス(influence)が語源となっていて、特にSNSが中心となっている現代で沢山のフォロワー数を持っている人達を指す場合もあります。 具体的には、個人ブログなどで多くのPV(ページビュー)を獲得する「ブロガー」や、YouTubeで圧倒的人気を得ている「ユーチューバー」、写真を簡単に共有可能なInstagramで大勢のフォロワーがいる「インスタグラマー」などが挙げられます。

人気著名人やファッションモデル・アスリート選手・特定分野での専門家・政治家などがインフルエンサーの代表格です。 それ以外にも上記で記載した通り、一部の層からの圧倒的な支持を得る一般人でもインフルエンサーになる事は可能です。

インフルエンサーの種類と特長
 

2:インフルエンサーマーケティングについて

インフルエンサーマーケティングとは、企業がSNS上で影響力のある「インフルエンサー」と提携して、製品やサービスを宣伝することです。 インフルエンサーは、実際の有名人(俳優やプロスポーツ選手など)である場合もあれば、SNS上でのみ人気のある人物(ユーチューバーやインスタグラマーなど)という場合もあります。

インフルエンサーマーケティングの概念は昔からの広告マーケティングと何ら変わりはなく、企業はこれまでも有名人を広告に起用してきました。これは商品のブランディング化はもちろん、製品やサービスに対する“印象付け”の意味も含んでおり、簡単に売り上げに繋げることが出来る効果的な手法だからです。ただ、従来の広告だと避けたがるユーザーは多いですが、信頼する有名人あるいは一般人のインフルエンサーが商品を紹介すると自然と受け入れられる傾向があります。 インフルエンサーマーケティングは、SNS上でのインフルエンサーの実績(フォロワー数)と、インフルエンサーが活動するフィールド上で、場所や時間は関係なく世界中の人たちに配信することが可能なマーケティング手法です。

  代表的なSNS
YouTube
目的 :動画特化型
年齢層:幅広い(小学生・シニア層含む)
特徴 :自チャンネルを持ったり、動画で様々なことを発信出来る。「動画中心のSNS」

Twitter
目的 :テキスト特化型
年齢層:10代~30代
特徴 :様々な人のツイート(つぶやき)を見れる。言葉のみなので発信しやすい。「テキスト中心のSNS」

Instagram
目的 :写真特化型
年齢層:10代~20代
特徴 :写真やストーリーの様な短めの動画などをアップ出来る。写真を中心に発信出来る。「写真中心のSNS」

3:インフルエンサーへの報酬体系の変化

インフルエンサーへの報酬体系は、そのインフルエンサーのフォロワーやエンゲージメント率などから決められます。 広告代理店やキャスティング会社がインフルエンサーと交渉をして報酬金額を決め、クライアントに手数料を乗せた形で請求するのが一般的です。 しかし、固定費で報酬が発生してしまうと、ページの閲覧や購入・登録に繋がらなくても対価が発生してしまいます。 クライアントからすると成果報酬の方がリスクがなく、実施しやすいはずです。 ブログやAD運用系などを成果報酬で配信している「アフィリエイター」と呼ばれるような人たちもいますが、最近ではInstagramなどのインフルエンサーが成果報酬で実施しているケースもあります。 (もしくはクライアントには成果報酬で、代理店が握ってインフルエンサーには固定費の報酬)

これは、ブランディングに加えてレスポンスを求めるクライアントが増えてきたため、リスクの少ない成果報酬の方が実施しやすい傾向に変わっているということなのです。ただし、固定費でしか実施できないインフルエンサーも存在しており、その分影響力やフォロワー数、エンゲージメント率などが高い傾向にあるため、インフルエンサーとのバランスを見ながら実施していく必要があります。


4:まとめ

インフルエンサーマーケティングは、フォロワーやファンを抱えているインフルエンサーの影響力のある人の力を借り自社の商品やサービスの広告や情報を拡散していく仕組みです。 自社で情報をコントロールしにくかったりインフルエンサーの選定や関係構築に手間がかかったり等の難しさはありますが、グローバルな範囲で多くの人の目に触れる範囲が広がるため、絶大な効果を発揮することも多くあります。

 

 ▼インターネット技術の発達やSNS利用の浸透により、芸能人や有名人でなくても、特定の知識や能力があれば、インフルエンサーとして活躍できる機会が増えています。

 ▼これまで実施してきた広告や媒体のユーザーとは違ったユーザーにリーチができ、認知層の拡大と合わせてレスポンスも期待できるマーケティング手法です。

 ▼報酬は固定費なのが一般的ですが、そのインフルエンサーの属性、フォロワー数、エンゲージメント率などを参考にインフルエンサーを決めましょう。 (少しずつ成果報酬で実施できるインフルエンサーも増えています。)

 

5:AFADでインフルエンサーAFの管理と計測をしよう

「アフィリエイトアド」では、成果報酬の広告の計測と管理ができます。 また、ASPの運営が行える機能は一通り揃っていますので、インフルエンサーを活用しアフィリエイトサービスの管理も可能です。特にインフルエンサーを活用したキャスティング会社や代理店向けのツールになっています。

 

・インフルエンサーごとの効果測定をおこないたい。

・報酬額(グロスとネット)の管理をしたい。

・クライアントもしくはインフルエンサー専用に管理画面を発行したい。

  「アフィリエイトアド」について詳しくはこちら

AFADに関するお問合せはこちら

上記内容で入力内容を確認しました