ヒートマップで何が出来る?

 

ヒートマップ(ページ解析)とは

あなたがWEBサイトの運営などを行わなくてはいけない場合、何をしなければいけないのでしょうか?自社サイトを制作する意味としてはユーザの集客が第一だと思います。まずは自社サイトへ流入してきた経路分析などにはアナリティクス等のツールが有効で、どのような経路からユーザーが流入してきたかの分析を行い、ユーザーにサイトを知ってもらうための施策を行っていきます。

そして流入してきたユーザーに興味を持ってもらえるサイトを構築してくことが必要不可欠です。いくらユーザーを自社サイトに流入させてもユーザーがすぐに離脱をしてしまうようなサイトでは意味がありません。サイトへ訪れたユーザーに興味を持ってもらい自社製品の購入に結びつけるなどKPIを達成するためにも自社サイトの解析は必要です。

自社サイトの課題は訪れたユーザーに聞ければ一番早いのですが実際にそれは難しいことです。ではそのような場合、どのようにしてサイトを改善していけばよいのでしょうか。実は流入してきたユーザーのデータを取得し、可視化してくれるグラフがあるのをご存知でしょうか?ヒートマップ(ページ解析)と呼ばれるグラフがあり、端的に言ってしまうとWEBサイト上でのユーザーの行動を可視化してくれるものです。WEBサイトへ訪れたユーザーがWEBサイト上の「どのコンテンツを一番長く閲覧していたのか」「どのコンテンツをクリックしたのか」「閲覧されていないコンテンツはどれなのか」などサイト上でのユーザーの行動を色等を用いながら可視化してくれます。

このヒートマップはツールとしてリリースされており、ユーザーの集客改善には必須とも言えます。WEBサイトの改善等考えられている方に向けてこのツールについてまとめさせていただきましたので参考にして頂ければと思います。


ヒートマップ(ページ解析)をどう使う?

ヒートマップは、WEB上でのユーザーの行動を色のグラデーションを用いて可視化したものになります。このツールを利用することでユーザーがコンテンツのどの部分に興味を持っていて、もしくは興味がないのかを判断することが可能となります。

ヒートマップで可視化されたデータを用いることで、サイトの構成やコンテンツを評価することが可能です。例えばサイト制作時に想定していたユーザーを引きつけるためのコンテンツを用意していたとします。実際にヒートマップ(アクセス解析)を使うことでそのコンテンうとユーザーが本当に興味を持っているのかそれとも興味を持っていないのかや、ユーザーがどのような箇所で離脱してしまっているのか等、情報を定量的にみることができるのでそのデータを用いてWebサイトの分析や改善に役立てることができます。またこのデータは色で表現されているため、ひと目で見てどのコンテンツがユーザーの興味を引いているのかソウデナイのクォ簡単に表してくれます。

利用する上での注意点もあります。ヒートマップで計測できるのはWEBサイト上でのユーザーの行動のみとなります。WENサイトのPVや流入などのアクセス解析についてはアナリティクス等の別のツールを用いて行う必要があるので要注意です。


ヒートマップ(ページ解析)の機能とは?

ヒートマップの機能を大きく分けると3つの機能に分けることができます。

それぞれの機能ごとに特徴や使いがありますので下記に記載させていただきます。

①熟読エリア
ユーザーがどこの箇所をよく読んでいるのか?を色を用いて可視化した機能となります。マウスの動きをもとに、ユーザーの視線がどこに集中しているのかを表示していて赤色の場所がよく読まれている箇所になります。緑色や青色などの寒色になるほどユーザーが読んでいない箇所になります。
・熟読エリアの利用方法
熟読されていない(寒色の箇所)を改善して、WEBサイト自体の熟読率を向上させていきます。熟読されている部分(暖色)をページの上部に移動するなど、ユーザーの離脱率の改善など熟読されるエリアが広がる可能性もでてきます。また。特定のキーワードや画像、コンテンツなどに熟読されている箇所が集中している場合は、そのコンテンツ自体がユーザーに好まれている傾向が高いです。熟読されているポイントを中心にした構成に変更を行っていくことでWEBサイトの熟読率を向上させることにつながっていきます。
      熟読エリア画像

②クリックエリア
ユーザーがクリックした箇所を可視化する機能になります。ユーザーがクリックした箇所が表示されます。クリックされた割合が多いほど赤色などの暖色にクリックされえた割合が少ないと青色などの寒色になります。
・クリックエリアの利用方法
まず、リンクを設置していてクリックがされていない場合、設置している箇所であったり、リンクの見せ方など再考する必要があります。またリンクが設置されていないのにクリックされている箇所がある場合、ユーザーが気にしている箇所であるため、関連コンテンツの設置やリンクの設置を検討しても良いと思います。うまくクリックエリアを利用することで回遊率を高めたりする効果も見込めます。
      クリックエリア画像

③終了エリア
ページのどこまで読まれていて、どこで離脱してしまっているのか、可視化する機能となります。WEBサイトを閲覧しているユーザーがページのどこまでスクロールしているのか訪問したユーザーの何%が、その箇所まで残っているのかを確認することができます。
・使い方
終了エリアの分析は、ユーザーに見てもらいたい情報やコンテンツ、クリックしてほしいボタンの配置等を検討できます。またどこまで読まれているのかも可視化されるのでコンテンツの順番を入れ替えるなどして読了率を高めたりもできます。
      終了エリア


ヒートマップ(ページ解析)を活用してサイトの改善に取り組もう

ヒートマップの機能を利用することで、訪れたユーザーの行動を簡単に調べることができます。 ユーザーの滞在率であったり、問い合わせが伸び悩んでいるページなどの改善に、ぜひ役立ててみてはいかがでしょうか。

弊社が提供する広告計測システム「CATS」では広告のクリック数やコンバージョン数の計測ができます。加えて複数の広告案件の管理や配信先の媒体やネットワークを管理したりどの広告がどの媒体で何件クリックやCVが上がっているのかなど総合的に判断することができます。 またヒートマップ機能も付属しているため、広告の効果計測~WEBサイトの改善まで行うことができます。



オススメ記事



CATSバナー

上記内容で入力内容を確認しました