ASP一元管理について

アフィリエイト運用には欠かせない「ASP一元管理」についてです

 

ASP一元管理について

現在では多種多用で、各々特徴をもったASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)が多くあり、多くの場合で複数のASPを運用・効果の良しあしなど見極め運用しているかと思います。数多くあるASPの運用・管理をどのようにしていますでしょうか?

そんな中、最初はひとつ・ふたつと接続した時は良かったが、扱う商材や運用するASPが増えるにあたって管理が難しく・・・など、管理に悩まれている広告主・広告運用担当の方も多くいるのではないでしょうか。
蓄えたノウハウ・経験を活かした運用は自動化とは程遠く、実績を積み取引のボリュームが増えるほどレポート集計にかける時間も比例して増加、減る事はありません。

この悩みを解消・緩和するためのサービスが「ASP一元管理」となります。
各種ASPのデータを集約し、計作業の自動化を行う「ASP一元管理」を弊社ツール「CATS]を例にご案内致します。

 

ASP一元管理のメリット

「ASP一元管理」では得られるメリットが多くあります。
ツールによって異なる部分はありますが、弊社ツールを例に幾つかあげさせていただきます。

・各社ASPの集計作業の自動化できる。
これまで各ASPの管理画面にログインし、閲覧していたデータを一つの画面に集約し、閲覧することができます。一度接続してしまえば、その後の設定なども特に必要がなく集計し続けてくれます。
また、これまでは行えなかった各ASPを横断したレポート出力なども行うことができるようになります。

・数値入力のミスなど人的ミスの防止。
各ASPの管理画面からCSVで、あるいは手動で集めたデータをExcel等でまとめる作業では、手動であるが為にどうしても人的ミスのリスクは避ける事ができません。
しかし「ASP一元管理」を導入してしまえばシステムが自動で集計してくれますので手動であるが為のミスは発生しません。

・レポートがまとまり、状況把握・分析がしやすい。
一つの画面にデータが集約する為、状況把握がしやすく、全体の管理もしやすくなります。

・これ迄見る事のできなかったデータ(1クリック事の詳細なデータ)の収集・閲覧もできる。
ASPの管理画面のみですと集計済みのデータであったり、取得できるデータには限りがありましたが「管理ツール」を入れてしまえば、1クリックごとの詳細なデータを閲覧・取得することができます。

 

ASP一元管理のやり方

「ASP一元管理」を行う為には、専用のツールの導入し「ワンタグ接続」を行う事になります。 ワンタグ接続とは、これまで商材をASPに登録・設定することで広告配信を行っていたところを、商材とASPの間にツールを「挟む」接続のことです。 ツールを挟むことでASPと商材の間のやり取りデータを取得します。

通常の接続
ASP一元管理

ツールを「挟む」やり方は特別難しいものではありません。 ツールに「商材」と「ASP」を登録すると、計測用のURLが発行されますので、商材のURLの代わりにASPに登録いただければ完了となります。

少し難しく感じるかもしれませんが、全てツール管理画面上で行える作業となりますので、難しい作業ではありません。 また、設定にかかる時間も「集計作業の時間」に比べれば一度きりの作業であり、大した作業量ではありません。


ASP一元管理の注意事項

メリットが大きく導入失敗になるケースは少ないですが、下記2点は導入前チェックいただけると事故がなく安全です。

・計測したいASPや商材(カートシステム等)はちゃんと接続ができるか?
・管理画面のレポートは求める水準のものになっているか?

弊社ツールを例にとると実績値として百以上のツールとの連携が可能ですが、流れの早い業界となる為、接続可能かどうかはチェックをしていただいて損はないかと思います。
また、これまでの運用を損なわないよう「欲しいデータが取れているか」も事前にチェックいただく事でより良い導入ができるかと思います。 (弊社ツ―ルではデモ環境のご用意などできますので、導入をご検討いただく際には是非ご利用いただければと思います)。


ASP一元管理のまとめ

お悩みの方は「ASP一元管理」をご検討してみてはいかがでしょうか?

「CATS」はASP一元管理を目的としたワンタグツールとしてご利用いただけます。
各種ネットワークやカートシステムとの連携実績も豊富で、タグマネージャー機能も含まれておりますので機能も十分です。
「ワンタグ接続」について不明な点があった場合も手厚くサポートしておりますのでご安心ください。
是非お問合せください。



オススメ記事



「CATS」について詳しくはこちら

catsに関するお問合せはこちら

上記内容で入力内容を確認しました