広告管理ツールの特徴や主な機能とは?導入メリットや選び方も解説

通販事業者や広告代理店で、インターネット広告の運用や配信の効果に悩んでいるところは多いのではないでしょうか。広告運用は出稿媒体の選択肢が多いので、管理が難しくなることも珍しくありません。こうした問題は広告管理ツールによって解決できます。
この記事では、広告管理ツールの詳細やメリット、選び方を解説していきます。


目次

1.広告管理ツールの特徴

2.広告管理ツールの主な機能
 ※運用者の目的に合わせて、さまざまな広告管理ツールがリリースされています。
 -1.進捗管理機能
 -2.レポート機能
 -3.運用自動化機能

3.広告管理ツールを導入するメリット
 ※インターネット広告を管理ツールで運用していくには、多くのメリットがあります。
 -1.複数の広告手法の一元管理
 -2.広告関連業務の効率化
 -3.測定データの収集と分析

4.最適な広告管理ツールの選び方
 ※広告管理ツールを選ぶ際には、自社との相性をしっかりと見極めましょう。
 -1.費用対効果
 -2.対応範囲・サポート
 -3.使い勝手

 

1.広告管理ツールの特徴

そもそも広告管理ツールとは、インターネット系の広告事業者がユーザーに対して提供している、広告を管理するためのツールです。たとえば、大手ポータルサイトや海外の検索サービスなどでは、自社のツールを利用者に提供し始めています。
また、ソーシャルメディア広告との関連も見逃せません。SNSは多くのネットユーザーが日常的に利用しているので、広告を掲載する媒体として重要です。そのため、SNS事業者から広告主を対象とした管理ツールを提供するケースも増えてきました。

そのほか、複数の広告を横断的に管理するためのツールもあります。インターネット広告ではいろいろな媒体ごとに広告を掲載することも珍しくありません。媒体が変わっても広告を気軽に運用していける仕組みが企業の担当者から求められています。
これらは「広告管理ツール」以外にも「広告運用ツール」と呼ばれることがあります。ただ広告を掲載するためだけに利用するのではなく、効果測定や一元管理などの機能も兼ね備えていることが多いのです。


2-1.進捗管理機能

まずは、広告の進捗を管理する機能です。広告代理店やEC事業者は広告を出稿するときに明確な計画を立てなければいけません。広告の効果を高めるにはタイミングや掲載数、掲載媒体などを的確に考える必要があります。そして、これらの計画が順調に進んでいるのかまで見守ることが大切です。
広告管理ツールを利用すれば、予算がいくら消化されたかを確認したり、現時点での配信がいくつになったかを数えたりする作業が簡単になります。広告の進捗がはっきりするので、計画の修正も臨機応変に行えます。

そもそも、広告配信は管理が複雑になる傾向が顕著でした。なぜなら、リスティング広告やソーシャルメディア広告といった複数のチャンネルにまたがるケースが増えてきたからです。
人力の管理だけでは、すべてのチャンネルの現状を正確に把握し、リアルタイムの情報を関係者に報告することは非常に困難だといえます。ツールの進捗管理機能では、こうした担当者の負担を軽減できます。チャンネルがいくつ増えても、見やすい画面でそれぞれの状況をすぐにチェック可能です。


2-2.レポート機能

次に、「レポート機能」が備わっているのも便利な点です。広告代理店やEC事業の担当者は、プロジェクトの関係者に対してインターネット広告の反響や進捗を報告しなければいけません。
ただ、関係者は社内外にわたるうえ、広告の知識が不十分な相手もいます。そのため、誰が見てもすぐに状況を把握できるような分かりやすい「広告レポート」を作成することが大切です。
ただ、広告レポートはいろいろな項目の数字を正確に反映させたうえで分析結果や今後の対策までも記載しなければならないので、手動での作成にはかなりの手間がかかります。

こうした作業時間を大幅に短縮してくれるのが広告管理ツールです。レポート機能を利用することで、自動的に一定期間の数値を反映させた資料ができあがります。
そのほか、リアルタイムでの計画の進捗、測定された効果、予算実績なども資料にして共有可能です。レポートを作る時間が短くなれば、そのぶん、他の仕事に人員を割けるようになります。しかも、手動よりもツールのほうが精度も高いので、より正確なレポートを関係者に回せます。


2-3.運用自動化機能

広告管理ツールには「運用自動化機能」もついています。この機能を利用すると、これまで手動でなければ難しいとされてきた作業も比較的簡単にこなせます。
たとえば、「自動入札機能」は代表例です。インターネット広告では掲載枠を入札によって争う場合があります。ただ、入札はかなりの短時間で終わることも多く、広告の担当者は掲載枠を頻繁に見守らなければ競合に勝つのが困難でした。
しかし、自動入札機能は枠が空いた瞬間に入札を行ってくれるので、担当者は他の業務へと集中できます。さらに、広告の配信先をリアルタイムで選定してくれるのも自動化機能の大きなメリットです。

そのほか、入札や配信先の選定では費用対効果、予算計画など考慮するべき要素がたくさんありました。複数の配信先にかける費用の配分も正しく計算しなければいけません。ただ、これらの要素を全て考えてから動いていると、競合に出し抜かれる可能性が大きくなってしまいます。広告管理ツールの自動入札機能では、費用に関する計算を正確に行ったうえで掲載枠を争えます。利益につながる確率が高い掲載枠を迅速に獲得しやすくなるといえるのです。

広告の中には直接結果につながりにくいものもありますが、その広告の配信を停止することでサイト全体のコンバージョン低下につながることがあります。つまり、成果に直接つながっていない広告も、サイト全体的に見れば補助的な役割をしていたのです。広告効果測定ツールはそれぞれの広告の正確な効果を知ることが可能です。
また、導入することで、広告のコストパフォーマンスが向上することや売上・利益面など業績アップも期待できます。広告効果の全体図が見やすくなることで無駄な広告は減らし、利益アップのためになる広告投資のバランスを見つけることにも役立つのです。


3.広告管理ツールを導入するメリット

3-1.複数の広告手法の一元管理

広告代理店やEC事業者の担当者は、数多くの広告出稿アカウントを同時進行で管理することも少なくありません。広告主によって効果の大きい媒体は異なるので、こうした管理方法になるのは当然です。
また、Webマーケティングでは「リスティング広告やSNS」など、複数の媒体を組み合わせて宣伝活動を行う機会も増えています。広告の担当者は複数のアカウントで関わっている全プロジェクトの進捗を把握し、効果を測定していく必要があります。

ただし、広告担当者が手動で複数のアカウントを切り替えている限り、何度もログインをする手間が大きくなっていくでしょう。また、掲載媒体が増えるほどそれぞれの進捗を切り分けて確認することが難しくなり、作業の正確性も低下していきます。
こうした問題を解決するために、広告管理ツールには一元管理機能が設けられるようになりました。一元管理機能では、複数のデータを連携してチェックできます。広告担当者の労力は減り、掲載しているそれぞれの広告についてリアルタイム情報を関係者に報告しやすくなるのです。"


3-2.広告関連業務の効率化

インターネット広告配信では、関連の作業がたくさん出てきます。まず、与えられた予算を管理して収支がマイナスにならないような計画を立てなくてはいけません。
入札額を決定し、掲載枠を確保できるよう他社と争うことも重要です。さらに、広告の実績データを集計して、成果分析を行うのも欠かせない業務です。成果分析はプロジェクト関係者で共有される大切な資料だといえます。内容に誤りがあれば、適切な話し合いができないので作成者にのしかかる責任は重大です。

これらの仕事がある中で、SEO対策やコピーの考案といった作業まで発生するとなれば担当者のスケジュールはあっという間に埋まってしまいます。広告運用の改善や新施策などにまで手を伸ばす余裕がなくなり、Webマーケティングの展開を広げにくくなっていくでしょう。
広告管理ツールは業務を効率化してくれるので、それぞれの作業時間を短くできます。その結果、戦略会議やクライアントとの話し合いといった生産的な業務に集中でき、収益へとつなげられるようになります。


3-3.測定データの収集と分析

インターネット広告の効果を高めていくには、ネットユーザーからの反響を解析することが重要です。インプレッション数やエンゲージメント数を測定し、一定期間での推移をチェックすることで広告の成果を見極められます。
また、広告を見てから会員登録をしたりサイトにアクセスしたりしたユーザー数、そのうち成約にいたった割合などを細かく調べていくと、次の広告戦略を立てやすくなります。現状の強みや改善点を踏まえて新しい広告を作成すれば、数をこなすたびに成果はめざましくなっていくでしょう。

ただ、数値を正しく分析するには、データを一元管理してレポートにしなくてはいけません。そして、レポート作成には複雑な計算や面倒な入力作業もともなうため、効率化は必須です。逆をいえば、レポート作成がスムーズに行えるなら広告運用はとても楽になります。
広告管理ツールはデータ収集を簡易にし、レポートを自動的に作成してくれます。しかも自動分析機能によってデータがあらわしている広告の効果も正しく資料に反映してくれるのです。その結果、今後の広告配信の精度は高まっていくでしょう。


4.最適な広告管理ツールの選び方

4-1.費用対効果

せっかく広告管理ツールを導入しても、費用が高すぎて収支がマイナスになるようでは意味がありません。費用対効果はしっかりと検討しましょう。
多くの広告管理ツールは月額制を採用しています。月々最低1万円程度の料金を払って機能を利用できるシステムです。ただし、使用量や求めるオプションなどによって料金プランは変わることがあります。一方で、従量課金なしの固定料金プランを設けているサービスも珍しくありません。

ほとんどの管理ツールは初期費用が無料です。ただし、1万~10万円程度の初期費用を求めてくるツールもあるなどサービスによって料金体系はさまざまです。
また、ツールの機能によっても異なります。レポート作成や分析業務を自動化したり、AIによって入札価格を決定したりするツールになると高額ではあるものの、高度な機能を利用できます。
つまり、費用の安さだけを比較してツールを選ぶのは適切な方法といえません。初期費用が高かったとしても長期的には利益をもたらしてくれると思えるのなら、導入してみる価値はあるでしょう。


4-2.対応範囲・サポート

広告管理ツールの「対応範囲」も重要です。ツールによって連携できるシステムは限られています。もしも自社で使っているシステムと連携できないと、複数の広告媒体を一元管理できません。ツールの仕様は慎重に確認したいところです。まずは、自社で使っている広告システムや導入する可能性のあるシステムをしっかりと把握しましょう。
そのうえで、ツールのスペックと照らし合わせて対応可能かどうかをチェックします。

さらに、メーカーのサポートが充実しているかどうかも判断基準になりえます。広告管理を導入したばかりのころは、使い勝手が分からずに戸惑うケースも少なくありません。
また、将来的に予期しないトラブルが起こる可能性もあります。このような場合、メーカーのサポートがないと問題を克服するのは至難の業です。
多くのメーカーにはシステム担当者が配属されており、導入時には設定や操作を助けてくれます。ただ、導入が終わればサポートも完了してしまうこともありえます。長期的に疑問点や不安と向き合ってくれるメーカーを選ぶようにしましょう。


4-3.使い勝手

広告担当者にとって、管理ツールはほぼ毎日使い続けていくことになります。そのため、「使い勝手」はかなり大切な判断基準です。必須ともいえる機能は複数媒体の一元管理です。広告主が同じでも、いろいろな掲載媒体を組み合わせて広告を展開させることは珍しくありません。
そのうえで、データがグラフ表示されたり画面がシンプルで見やすかったりすると作業はより捗ります。ちなみに、国外よりは国内のほうがデザインは比較的分かりやすく気軽に操作できるツールが数多くリリースされています。

たとえば、マルジュ社は単品リピート通販案件を対象としてユーザーインターフェース(UI)をデザインしていることで有名です。成果報酬案件や予算型案件といった、単品通販で頻繁に登場する契約形態にも対応しています。しかも、レポートの内容を管理画面から簡単に閲覧することもできます。ツールによっては、各媒体管理画面にログインできなければレポートを見られないので、情報共有に時間がかかっていました。マルジュ社のツールは広告運用をスムーズにしたい企業のニーズに応えています。


ADRASバナー

上記内容で入力内容を確認しました