広告ツールを活用しよう!特徴・機能・メリットなどについて紹介

さまざまな場所に広告を出している場合、正確なデータをすべて手作業でまとめるのは非常に難しいという問題があります。広告ツールを利用すると、複雑になりやすい広告に関するデータ管理を簡略化することが可能です。
この記事では、広告ツールの機能や導入するメリット、ツールを選ぶときのポイントなどについて解説していきます。


目次

1.広告ツールとは?

2.広告ツールの主な機能
 ※広告ツールには、複数の機能があります。ここでは、広告ツールの主な機能について紹介します。
 -1.データの分析・管理機能
 -2.レポート作成機能

3.広告ツールを導入するメリット
 ※広告ツールを導入すると、さまざまなメリットがあります。ここからは、広告ツールを活用する場合のメリットについて見ていきましょう。
 -1.正確なデータを取ることができる
 -2.作業時間を短縮できる

4.広告ツールを選ぶポイント
 ※企業が利用できる広告ツールには、さまざまな種類があります。そのため、どのツールを選ぶかによって、使用できる機能も変わってくるため注意が必要です。ここでは、広告ツールを選ぶときのポイントについて見ていきましょう。
 -1.自社のニーズを叶えられるかどうか
 -2.サポート体制が整っているかどうか
 -3.現場で使えるかどうか

5.マルジュの広告ツールがおすすめな理由
 ※広告ツール選びで悩んだときには、マルジュの広告ツールを検討してみましょう。ここでは、マルジュの広告ツールをおすすめする理由について紹介していきます。
 -1.低価格で利用ができる
 -2.多機能である
 -3.サポートが充実している

 

1.広告レポートとは?

広告ツールとは、広告の管理を自動化させるツールのことです。企業として広告にかける予算が少ない場合や、掲載している広告の数があまり多くないときには、自社の広告を管理する手間もそれほどかからないのが一般的です。しかし、広告にかける予算が大きくなったり、出稿先が増加したりなどすると、管理の手間もかかるようになるでしょう。
しかし、そのような状況でも広告ツールを利用すると、煩雑になりがちな広告の管理や運用もスムーズに行えるようになるのです。

利用できる広告ツールには、いくつかの種類があります。そのため、それぞれの特徴や機能などを把握したうえで、自社のニーズに適したツールを選ぶことが欠かせません。広告の運用作業を少しでも楽にし、広告効果をアップさせていくために、自社に合った広告ツールを選んで活用していきましょう。


2.広告ツールの主な機能

2-1.データの分析・管理機能

広告ツールの機能のひとつとして、広告の集客に関するデータを管理できるというものが挙げられます。複数の出稿がある場合、「どの広告が集客に影響を与えているか」という点を企業側は正しく把握しておく必要があります。
広告を出しているにもかかわらず、それほど効果が出ていないものがあるのであれば、予算をかけること自体を見直すなど、何らかの改善をしていく必要があるでしょう。

ただし、あらゆる媒体に広告を出していると、その成果を1つひとつ正確に確認していくのは困難であるという問題があります。たとえ、ツールを使わずに自身で広告の成果を確認できたとしても、作業には莫大な時間がかかってしまうので、この点は大きなデメリットとなります。
また、作業に時間をかけたところで、分析結果が間違っていては意味がありません。広告ツールでは、媒体ごとにデータを残すことが可能であるため、正確なデータを短時間で分析できるというメリットがあるのです。


2-2.レポート作成機能

自社の広告がどれくらいの成果をあげているのかについて、企業側は必ず把握しておく必要があります。加えて、広告の配信においては、成果をまとめたうえで上司などに報告することが欠かせません。
上司に報告したり、従業員同士が情報を共有したりするためには、レポートを作成しておくことがポイントです。しかし、レポートを作成するのには時間や手間がかかるため、自動でレポート作成が行える機能のある広告ツールを選んでおくととても便利です。
企業が利用できる広告ツールのなかにはレポート作成機能を搭載しているものもあるため、成果をまとめるときに役立ちます。広告ツールのレポート作成機能を活用して、作業の効率化を目指しましょう。


3.広告ツールを導入するメリット

3-1.正確なデータを取ることができる

広告運用のデータ管理をする場合、担当者が独自にデータ管理を行うと多くの手間と時間がかかってしまう恐れがあります。しかも、データが間違っていては意味がありません。
特に、複数の広告を出稿している場合には、データ管理のための作業も複雑化する傾向にあるといえるでしょう。広告ツールを導入するメリットとして、正確なデータの取得ができるという点が挙げられます。さまざまな媒体に広告を出していると、ユーザーはいろいろな場所から広告をクリックして自社サイトに流入してきます。

たとえば、広告をクリックしてコンバージョンに至ったとしましょう。このケースでは、コンバージョンまでの経路上にあったすべての広告媒体アカウントに、コンバージョンがカウントされてしまうことになります。そのため、実際は1件しかコンバージョンしていない場合でも、「ビュースルーコンバージョン」という事態が起こる可能性があるのです。
ビュースルーコンバージョンとは、ほかの広告表示をスルーしてコンバージョンしたもののことをいいます。

このように、自社に合った広告ツールを導入しなければ、コンバージョン数と実際に売れた商品やサービスの数に違いが出てしまい、正確なデータを取ること自体が難しくなってしまうのです。広告ツールを導入すると、媒体ごとのデータを正確に残すことができる点はメリットのひとつです。
それぞれの媒体のデータを正確に取得することができれば、広告の管理や評価もしやすくなるでしょう。さらに、広告の運用では、「コストがかかっているにもかかわらず、成果が出ていない」と安易に判断してしまい、出稿を止めてしまうのは危険です。「アシストをしている媒体は何か」という点を正しく把握するためにも、企業にとって正確なデータ管理は非常に重要です。


3-2.作業時間を短縮できる

広告ツールを導入すると、データの取得や分析などにかかる作業時間を短縮することができるようになる点は大きなメリットです。広告の運用では、すべての運用業務を手作業で行った場合、レポート作成などに多くの時間がかかることになるのが一般的です。
広告ツールを利用した場合、すべてのデータを一元化できるという特徴があります。そのため、広告運用業務の工程数そのものが少なくなり、結果として作業時間の短縮にもつながっていくのです。また、作業にかかる時間の短縮が実現することで、別の業務に割ける時間が大幅に増加する場合もあるでしょう。
すると、重要な仕事に時間を費やせるようになることから、広告ツールの導入は企業の運営にも良い影響を与えてくれる可能性があるのです。


4.広告ツールを選ぶポイント

4-1.自社のニーズを叶えられるかどうか

広告ツールを選ぶ際に悩んだ場合は、「自社のニーズを叶えられるツールであるか」という点に注目することが重要です。広告ツールには、ほかの媒体と連携してデータを管理しているという特徴があります。
そのため、自社が広告を出している媒体と連携できるツールを選ばなければ意味がありません。具体的には、「リスティング広告やディスプレイ広告などを中心に出稿している」や「スマホ広告の効果が知りたい」など、企業によって使っているメディアはさまざまです。
出稿目的が変わってくると、選ぶべき広告ツールもおのずと変わるので、選ぶべき広告ツールも変わってきます。

また、広告ツールを選ぶときには、「SNSからのデータ取得は可能か」や「コンバージョンの重複がないか」など、自社が望むニーズを叶えられるものかどうかという点は非常に重要です。
たとえば、FacebookやTwitterなどのSNSを中心に出稿している場合には、これらの媒体を対象としたツールかどうかをチェックしておく必要があるでしょう。
広告ツールに関しては、それぞれのツールによって相性もあるので、広告の種類によってはまったく対応できないケースもあるのです。このように、広告ツールを選ぶときには、自社が広告を出稿している、また将来的に出稿しようと思っている媒体などと連携が取れるかどうかの確認が必須です。


4-2.サポート体制が整っているかどうか

広告ツールを選ぶときには、サポート体制が整っているかどうかも重要です。広告ツールについては、知識がある人が運用することで、初めてその効果を発揮することができます。広告ツールは、必ずしも専門的な知識がある担当者が使うとは限りません。
万が一、ツールに関する知識や経験がない人が利用してしまうと、場合によっては効果的な運用ができない恐れもあるのです。そうなると、ツール導入にかかった費用自体が無駄になってしまう可能性もあるでしょう。

効果的なツールの運用を目指すなら、広告ツールの提供会社が親身に相談に乗ってくれたり、適切な運用方法を提示してくれたりするなど、サポート体制が整っているツールを選んでおくことが欠かせません。
また、万が一の問題が起きた際には対応してくれる窓口が整っていて、速やかにサポートしてくれるかどうかという点も、ツールを選ぶときには見逃せないポイントになってきます。


4-3.現場で使えるかどうか

広告ツールを選ぶときには、機能性やコスト面ばかりに目が行きがちです。しかし、広告ツールを選ぶ場合、現場の人間が使えるかどうかも重要なポイントとなります。
そのため、実際に導入する前には、操作性についてもチェックしておくことが欠かせません。現場の担当者がストレスを感じることなくデータ管理を行える広告ツールを選ぶためには、1度ツールを利用してみるとよいでしょう。
また、広告媒体の使用状況によっては、広告ツールは必要ない可能性もあります。たとえば、出稿数が少ない場合などには、データの分析も容易に行えることもあります。
広告ツールを扱う会社では、デモを提供しているサービスもあるため、気になるのであれば問い合わせをしてみましょう。


5.マルジュの広告ツールがおすすめな理由

5-1.低価格で利用ができる

利用可能な広告ツールのなかには、無料で使えるものもあります。しかし、機能性などを考慮すると、ほとんどの広告ツールが、利用するときにはある程度のコストが必要になると想定しておいたほうがよいでしょう。
利用する広告ツールによっては、初期費用がかかったり、使用量によって料金体系が異なったりすることがあるため、導入前にしっかりと検討することが大切です。マルジュの広告ツールの場合は、月額固定性、従量課金なしで提供しています。広告効果測定(計測)システム「CATS」では、従量課金なしで媒体数・広告案件数無制限で利用可能です。

また、マルジュの広告ツールに関しては、初期費用や最低契約期間もありません。そのため、コスト面が気になって広告ツールの導入をためらっている企業の場合でも、マルジュなら比較的気軽に導入することができるでしょう。


5-2.多機能である

マルジュの広告ツールには、さまざまな機能が搭載されているという特徴があります。たとえば、広告効果測定(計測)システム「CATS」には、「ページ解析機能」「タグマネージャー機能」など便利な機能が備わっています。
ページ解析機能とは、ユーザーの熟読率や離脱ポイントなどを可視化できるシステムのことです。ページ解析機能を使うと、ユーザーが興味を持っているポイントを正しく把握することができるので、自社で作った記事LPを修正したいときなどには特に役立ちます。

加えて、タグマネージャー機能は、ひとつのタグのなかに複数のタグを設定することで、管理画面上でタグの変更ができるようになるもののことです。広告ツールに関しては、複数人で利用し、運用作業を行っているケースがほとんどです。
タグをまとめることができると、複雑だった管理も楽に行うことができます。さらに、レポート作成ツール「ADRAS」においても、ひとつの画面で複数の媒体のレポートを確認することができます。それぞれの媒体にログインせずに数値のチェックができるので、作業の手間がかかりません。
ADRASなら自動取得できる媒体数も多いので、目的に合わせてデータを取得していくことが可能です。


5-3.サポートが充実している

マルジュの広告ツールは、サポートが充実しています。そのため、導入する際に不安がある場合でも安心です。マルジュでは、知識豊富な専任スタッフがサポートをしてくれる点が大きなメリットです。
また、サポートは導入前から導入した後まで続くので、わからないことがあればその都度確認できます。導入前には、デモンストレーションやテストを実施してくれることから、不安な点もその場で解決可能です。


必要な広告ツールを使ってスムーズに運用しよう

広告ツールは、WEB上で広告宣伝を行っている企業にとっては重要なツールです。そのため、複雑化するWEBマーケティングの世界では必須のツールになりつつあります。「広告ツールを利用してみたいけれど、どのツールを使えばよいのかわからない」などの悩みを抱えているのであれば、株式会社マルジュに気軽に資料請求をしてみましょう。


CATSバナー

上記内容で入力内容を確認しました