インターネット広告のレポート作成のポイントや自動化ツールのメリットとは

インターネット広告を運用していると、定期的にレポートを作成して関係者間の情報共有をしなければいけません。そして、作成の手間を大きく簡略化してくれるのが「レポート作成ツール」です。
この記事では、広告代理店や通販事業者の担当者向けに、レポート作成ツールの概要や導入メリットを紹介します。


目次

1.レポート作成ツールとは

2.そもそもレポート作成の目的とは何?

3.レポート作成ツールとBIツールの違い

4.レポート作成ツールの主な機能
※手動よりもさまざまな面でレポート作成ツールは便利です。以下、レポート作成ツールに備わっている機能を挙げていきます。
 -1.データの共有機能
 -2.データの一元化機能
 -3.他のツールとの連携機能

5.レポート作成ツールのメリット
 ※手動で広告レポートを作成することも不可能ではないものの、ツールを使えば多くのメリットを得られます。さらに、レポート以外の業務にも良い影響を与えることが可能です。この段落からは、レポート作成ツールのメリットを紹介していきます。
 -1.工数の削減ができる
 -2.正確なレポートを作成できる
 -3.誰でもレポート作成業務ができる

6.レポート作成ツールの選び方
 ※インターネット広告に関わる企業によって、レポートに求める要素は変わります。広告を掲載する媒体や仕事の手順に柔軟な対応ができるツールを選ばなくてはいけません。また、作成における注意点もいろいろです。以下、レポート作成ツールを選ぶ際のポイントを挙げていきます。
 -1.自社の目的に合ったツールを選ぶ
 -2.操作が簡単なツールを選ぶ
 -3.他のシステムと連携できるツールを選ぶ

7.レポート作成ツールならADRASがおすすめ

 

1.レポート作成ツールとは

そもそもレポート作成ツールとは、インターネット広告のレポートをスムーズに完成させるためのツールで別称「レポーティングツール」とも呼ばれています。インターネット広告の担当者は、広告主や上司、スポンサーなどに向けて運用の成果を示さなくてはいけません。ただし、作成するにはたいへんな労力がかかります。作成ツールを利用することで必要なデータをシステムから取り込み、最適なフォーマットへと変換できます。そして、最終的にビジネスで活用できるレポートを仕上げられるのです。

なお、レポート作成ツールで完成する資料の種類もさまざまです。中には、企業内で蓄積したデータを加工し、グラフにできるツールもあります。レポートにはインターネット広告の反響の推移を表す役割もあるので、グラフによって変化が見やすくなるといえるでしょう。


2.そもそもレポート作成の目的とは何?

インターネット広告を運用する以上、レポート作成は必須ともいえる作業です。なぜなら、担当者の上司に業務内容を報告する義務があるからです。そのうえで、プロジェクトの改善点を伝え、今後の方針を決定してもらわなくてはいけません。しかし、上司は常に広告をチェックしているわけではないので、一定期間の成果を資料にまとめることが大切です。
つまり、多くの上司はレポートを見て、広告の反響を把握するのです。

次に、担当者自身のためにもレポートは役立ちます。週次、月次ごとに広告関連のデータをまとめれば、システムの画面上からは見えてこなかった法則性や関連性に気づくこともあります。
また、リアルタイムの案件の進捗を確認するためにもレポートは重要です。広告の反響をレポート化することで、予想値や期待値との差を簡単に見極められるからです。


3.レポート作成ツールとBIツールの違い

BIツールとは「Business Intelligence tools」の略称です。場合によっては、BIシステムとも呼ばれています。
BIツールはレポート作成ツールと混同されることが少なくありません。実際、広告関連のデータを抽出したり、加工、分析を行ったりできる点は酷似しています。
ただし、BIツールにはDWH(Data Ware House)機能が搭載されており、単なるレポート作成ツールとは異なる特徴となっています。

DWHとは、膨大なデータベースの中から必要な部分だけを抽出できる機能です。操作するには専門的な知識を要するので、レポート作成ツールよりも難易度が高くなります。
そのため、BIツールは大企業や専門職が中心になって利用しています。一方、レポート作成ツールは誰でも気軽に使えるのがメリットです。システムやWeb解析の知識が少ない人でも、短期間で使いこなせるようになれます。


4.レポート作成ツールの主な機能

4-1.データの共有機能

まず、レポート作成ツールを使うことで広告に関連するデータの共有が容易になります。
ツールによってはクライアントとのデータ共有機能が備わっているので、リアルタイムの情報を閲覧してもらいます。Webマーケティングではトレンドの変遷が激しいので、迅速な情報共有は必須といえるでしょう。また、「権限付与機能」を使えば、セキュリティレベルを高められます。レポート作成では企業機密を取り扱うこともありえるので、情報漏えいへの対策は必須です。安全面でも、手動よりツールのほうが信頼できるのです。

さらに、レポート作成ツールでは社内でデータを公開する相手を指定することも可能です。一部の部署にだけ情報を共有するなどすれば、データが無関係の社員の目に入りません。
機密保持に関するトラブルのないレポート作成を実現するにはツールを利用しましょう。


4-2.データの一元化機能

広告代理店などになってくると、さまざまなデータを異なるシステムやツールで管理する機会が多くなります。
同じ広告を複数の媒体に掲載するなど、プロジェクトの展開を広げていく必要があるからです。ただし、このような運用方法を続けてデータが散らばってしまうと、成果の分析時にマージ作業が必要となります。
マージ作業とはデータ同士を紐づけることで、プロセスは非常に複雑です。もしもマージ作業にミスが起こると誤った分析内容が関係者に報告されてしまいます。一方で、別々の媒体ごとに広告データを分析しても、正確な成果は見えてきません。

こうした問題をレポート作成ツールの一元化機能は解決してくれます。複数のシステム、ツールにまたがったデータをまとめて分析できるので、作業が効率化します。レポートの精度も高まり、今後の戦略も立てやすくなるのです。


4-3.他のツールとの連携機能

企業では業務ごとに異なるツールやシステムを使っているケースが少なくありません。また、業務によってフォーマットが変わるケースもあります。
広告代理店では、掲載媒体によってシステムを使い分けることも出てくるでしょう。ツールやシステムが変われば、それぞれのデータを連携させるのは難しくなります。
どうしても手動で分析を行う部分が大きくなるので、ミスの起こる確率が高くなってしまいます。

レポート作成ツールは、ツールやシステム、掲載媒体が違っても連携させられる機能を持っている種類も珍しくありません。
データを自動収集して分析を行えば、手動で資料を作る領域が減ります。人為的な計算や打ち込みのミスを防げるので、レポートの精度は高くなるでしょう。


5.レポート作成ツールのメリット

5-1.工数の削減ができる

本来、レポート作成の工数は少なくありません。数字を抽出して分析を行うだけでなく、ビジネス文書として提出できるようなフォーマットも整えなくてはいけないからです。
全ての工程を完璧にしようと思えば、他の業務との両立が難しくなることも珍しくありませんでした。
しかし、レポート作成ツールは多くの工程を自動的に行ってくれるので作業量が大幅に減ります。

その結果、レポート作成の時間が短縮されるのはもちろん、他の業務にかける時間も確保できます。たとえば、クライアントと商談して問題点を聞き出すような仕事は人間にしかできません。
会議に出席して広告戦略を立案するのも人間だからこそできる仕事です。レポート作成ツールは、人間が本当に生産的な業務へと集中できる環境を整えてくれます。


5-2.正確なレポートを作成できる

手動でレポート作成を行うと、どうしてもヒューマンエラーの発生する確率が高くなります。そもそも広告レポートは膨大な数値と格闘しなければいけないので、全ての抽出や計算作業を完璧にこなすのが困難です。
そのため、細かく内容を確かめながら作業を進めていかなくてはいけません。もしも1つでもミスが見つかったとしたら、他の項目の正確性も見直さなくてはいけないため、最初からレポートを作成することになるケースも少なくないのです。

レポート作成ツールは、ヒューマンエラーのリスク防止に役立ちます。ミスが起こりやすい作業をプログラムが担ってくれるため、記載された数値を信用できます。
また、「ダブルチェック」の時間を省略できるのも大きいでしょう。手動で作られたレポートは複数の人間で内容を確かめないと不安が消えません。しかし、ツールの作ったレポートであれば、簡単な確認を済ませるだけで関係者に提出できます。


5-3.誰でもレポート作成業務ができる

これまで、レポーティングは専門知識のない人間にはハードルが高い業務でした。向き合うことになる数値を正しく理解しなければならないうえ、データの変化にどのような意味があるのかも瞬時に解析する必要があったからです。
長年Webマーケティングに関わった人でなければ、プロジェクトを支えられるレベルのレポートは作れませんでした。しかし、作成ツールは自動的にデータ分析まで行ってくれるので、マーケティングのキャリアが浅い人でも手軽にレポートを仕上げられます。

このことで、企業は「レポート担当者」という専任業務を作り出す必要がなくなりました。その分の人材を営業職や企画職など、戦力を求めている部署へと回すことができます。結果的に、企業力を強められる可能性も生まれるのです。


6.レポート作成ツールの選び方

6-1.自社の目的に合ったツールを選ぶ

最初に、ツールを導入する目的を明確化しましょう。特に理由もなく「流行だから」「どこも使っているから」程度の認識で導入しても、大きな変化は起こりません。
企業によって、ツールが分析する情報は異なるはずなので、自社の特性に合ったツールかどうかを確かめることが大事です。たとえば、データが多すぎてレポート用に数値を入力するだけでも時間がかかっている企業は少なくありません。
一方で、データはそれほど多くなくても、グラフなどを作って資料を分かりやすくするのに手間取っている企業もあります。いずれも、目的にぴったりのツールは違ってきます。

複数のツールを比較して長所と短所を確かめれば、自社に合った仕様が見えてきます。また、無料トライアルのあるツールは積極的に試してみましょう。一定期間、ツールの機能を利用できるので現場での使い心地を見極められます。


6-2.操作が簡単なツールを選ぶ

基本的に、レポート作成ツールはどの種類もシンプルな構造にはなっています。ただ、操作性について抱く感想は企業によります。ある企業にとっては使いやすいツールも、自社からすれば難しく思える可能性もあるのです。
仮にツールの操作性が悪いと作業効率がかえって低くなりかねません。特に、機能が多いツールを使いたいときには要注意です。機能が増えるほど操作は複雑になるので、なおさら、根本的な使い勝手が優れていないと扱いづらいでしょう。

レポート作成ツールを選ぶ際には、実際に使う担当者のスキルを基準にするのがおすすめです。専門的な知識を備えた一部の社員だけでなく、現場の意見を取り入れて選ぶようにします。
いっそ、利用者が選定に加わってもらうのもひとつの方法です。もっとも高頻度でツールを扱うことになる人の意見は、ツールを絞り込むうえでの参考になります。


6-3.他のシステムと連携できるツールを選ぶ

レポート作成ツールは単独で操ることができないため、他のシステムと連携して使います。ただ、ツールの種類によって対応しているシステムとそうでないものがあります。
機能性の高いツールであっても、システムに対応しなければ十分に能力が引き出されません。ツール選びにおいては既存システムとの相性が非常に大切です。自社のシステムをしっかり把握したうえで、レポート作成ツールが対応しているかどうかをチェックしましょう。

さらに、広告レポートを作成するとき、複数の媒体に接続しなければいけないこともあります。ただ、作成ツールには接続できる媒体数の制限が設けられているので、確認しておくことが肝心です。
大量の媒体を利用している企業は特に、慎重な選択をするべきです。


7.レポート作成ツールならADRASがおすすめ

単品リピート通販に向いている機能やUIを備えた「ADRAS」は、広告担当者から重宝されているレポート作成ツールです。
レポート集計の自動化がスムーズに実現し、ユーザーのスキルを選ばないのも魅力です。さらに、いくつものエクセルやスプレッドシートにまとめられてきたデータも一元化できます。
そのほか、プログラムが数値を自動取得する仕組みなので、手動では起こっていたミスがゼロになります。コスト面もお得で、媒体数や広告案件数に費用が比例しません。月額料金は一定のまま固定されています。


レポート作成ツールで業務を効率化しよう

広告レポートに手を焼いているのなら、作成ツールを導入してみましょう。業務が効率化し、他の仕事へと割く時間が増えます。
ただし、ツールの種類は豊富なので自社に合っているものを選ばなければいけません。単品リピート通販の案件が多いなら、ADRASが適しています。初心者でも使いやすいので、ユーザーに関係なく精度の高いレポートを仕上げられます。


ADRASバナー

上記内容で入力内容を確認しました